動線を大切にした展示会装飾の在り方

subpage1

新商品の展示会においてうまく人の流れを作り、より多くの来訪者に新商品を診てもらい、その情報をインプットしてもらうことは何より重要です。

展示会の装飾情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

この際に重要なのがスムーズな動線のデザインと、そこに織り込む装飾の内容です。


人によって興味を示すところは多少異なりますが、ある程度傾向は出ます。

Yahoo!ニュースに関する情報を紹介するサイトです。

そこを重点的にさまざまな媒体を用いた装飾により、わかりやすく演出します。
そこに人の集まりができ、興味を持った人が輪が広がるという好循環が生まれます。
適度な人の流れと、情報を入手したい人々の適切な滞留が起こりうる装飾を心がけてデザインすることになります。



したがって展示会において動線の設計は、多くの場合、一番アピールしたい新商品や企業コンセプトなどの場面だと考えられます。
そこへ人々の視線を集めることができれば、展示会ブースの動線のデザインに成功したことになります。
それには人の動き、つまり動線を推測して動きに連動して、伝えるべき情報が連綿と流れるように配置されていることが必要になります。

そのためにその企業における新商品の紹介文、商品の展示、音声や画像によるナレーション、姉妹品、そういったもののカタログなどが用意されることになります。また話をする説明員や演出の前で来訪者は動きを止め関心を示します。
そしてある程度納得すると、次へと関心が移ります。

動線がうまくデザインされていれば、人の動きがなめらかで、より多くの方々にとって満足できるものとなり得ます。