展示会の装飾で海外の文字を使う

subpage1

近年、グルーバル化の進行で企業の海外での取引や流通などがさらに盛んにおこなわれるようになってきました。


業務においても様々な場面で、英語などの外国語が必要なことがおおくなってきています。

展示会においてもその傾向はあります。

最近気になった展示会の装飾情報サイトを活用しましょう。

最初から日本語だけでなく英語をはじめとする外国語を取り入れた展示会ブースとする企業も現れてきています。


その際に、アルファベットなどの文字情報の装飾は清新な印象をもてるようなデザインとします。
英語の場合ならば必ずキャプションなどに用いた単語や文章については英文校閲や校正を受けて不自然な印象を持たれないようにします。

したがって外国語とはいえ、わかりやすく間違いのないものを用いることが当然です。その装飾における文字のレタリングは、展示会場の状況に合わせて、ブースの商品が引き立つようなものになるように重点的にデザインします。


文字部分で興味をもってもらえるだけのキャッチコピーになり得ているか、ネイティブの外国人にモニターしてもらうことも場合によっては必要となります。


このような取り組みを通じて、海外諸国の独自の文化圏においてもその商品が受け入れられるか、その展示会の文字装飾の役割は結構大きなものがあります。
したがって、事前から十分な時間と労力をかけて取り組み、納得のいくものを作り出すことが望まれます。
海外展開はこれからの企業にとって生命線になり得ます。

朝日新聞デジタル関連情報を解説します。

特に需要が見込まれる諸国においては、重点的にその国の文化になじむような展示会場づくりが必要となるに違いありません。



それには現地のスタッフとの協力なしには得ることが何よりです。
そこから多くの助言や提案をもらい受け入れやすい基礎を築いていく必要があります。