展示会装飾での文字の扱い

subpage1

新商品の展示会において、主張したいポイントについて文字を用いたいことがあります。



目を引くキャッチコピーは商品の価値を高めることにつなげられます。

そして展示会ブースをより洗練されたものにしてくれます。

その装飾の際に重視したいのは文字デザインです。

あなたの期待に応える日本経済新聞の人気が上昇しています。

どのような文字のデザインを用いると商品のコンセプトにマッチするか、さまざま検討を加えます。


文字のレタリングはわりとシンプルなものが好まれる傾向があります。それはだれにでもわかりやすいという点において、これまでに培われてきたデザインをベースにしてアレンジして用いると、基本的にうまく出来上がります。

多くの人々が文字情報の装飾について、どのようにレタリングされたものに慣れや親しみを持っているかは先例にならうとよいです。

逆に凝った文字の装飾はわかりにくくなりがちですので、あまりにこだわりを持ちすぎないように抑え気味とし、むしろそのキャッチコピーの中身の方に重点をおいたほうがよいです。
そしてもうひとつ大切なこととして、文字に頼りすぎないということです。

文字による情報は多すぎると、展示会場では見てもらえなくなる傾向があります。


よほどマニアでない限り、展示会ブースの場でキャプションの文字を一字一句読んでいくということはそれほど多くはないことを心得ておくべきでしょう。


むしろ文字が少なすぎるのではというぐらいでよいものです。


来訪者はむしろ、見出しにあたる部分については目にしがちです。


そこへ、ポイントとなる興味を引く言葉を忘れず織り込むことが大切です。

詳細な説明、情報などについては、パンフレットやカタログを配布するとよいです。


そうしたパンフレットはのちでも読み直したときに、展示会場の商品が彷彿としてくるようなわかりやすいものとすべきです。